2017年11月1日(水) 銀座・王子ホール

真実のディーリアス ~小町碧 出版記念リサイタル~

盲目と全身麻痺に苦しみ、音楽を書き続けたフレデリック・ディーリアス。

その音楽に感銘を受け、ディーリアスを救ったのは、ある若き作曲家、エリック・フェンビーだった。

この本は、そのフェンビーによる、晩年のディーリアスの姿である。

 

201711月出版 

 ソング・オブ・サマー ~真実のディーリアス~

エリック・フェンビー 著、小町碧 訳、向井大策 監修

アルテスパブリッシング

*当日会場にて先行販売

 

出版記念リサイタル

ディーリアスの人生を感動的に描く

ディーリアスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会!

 

2017年11月1日(水) 

開場 18:30 / 開演 19:00

小町碧 (ヴァイオリン)、米津真浩(ピアノ)

 

会場:銀座・王子ホール

(地下鉄 銀座駅下車 A12出口から徒歩1分)

 

曲目

ディーリアス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタロ長調(遺作)

ディーリアス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番

ディーリアス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番

ディーリアス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番

 

主催:高嶋音楽事務所

協賛:グレートブリテン・ササカワ財団、ディーリアス基金

後援:ブリティッシュ・カウンシル、一般社団法人日英協会


 

チケット料金:全席指定 4500円 

8月16日(水)発売

  •  王子ホールチケットセンター:03-3567-9990 (月曜~金曜10:00~18:00 /定休日 土・日曜日・祝日) www.ojihall.jp

先行予約キャンペーン 7月中旬より実施予定

  • 書籍、出版記念リサイタルのチケット、キャンペーン限定品をご予約頂けます!
  •   予約お申し込み:クラウド・ファンディング「Motion Gallery」(予定)https://motion-gallery.net

 

お問い合わせ先:高嶋音楽事務所 

03-6455-1671(月曜~金曜 10:00~19:00 祝日を除く)

http://www.t-artists.com



エリック・フェンビーと フレデリック・ディーリアス
エリック・フェンビーと フレデリック・ディーリアス

 

イギリスの作曲家、フレデリック・ディーリアス(1862-1934)は、生涯の大半をイギリス国外で過ごし、アメリカ、ノルウェー、ドイツ、フランスにて、様々なアーティスト達と交流を重ねた。

 

1894年には画家・ゴーギャンのスタジオを毎週訪れ、ここからムンク、ロダン、ミュシャ等も含むアーティスト達との交流の輪が広がる。ディーリアスを作曲家の道へと導いた親友、エドワード・グリーグの作曲法から影響を受けながらも、ディーリアスの音楽はゴーギャンの「ネバーモア」の様に、深い色彩の世界を描いていった。当時、ディーリアスの友人であった若きラヴェルも、スタジオを訪れ、ディーリアスの音楽をよく聴いていた。しかし、1918年からディーリアスは梅毒により盲目と全身麻痺に苦しむ。体が不自由になり、次第に作曲ができなくなった頃、イギリスの作曲家、エリック・

フェンビーが救いの手を差し伸べる。フェンビーは口述により音楽を書き留めていき、作品を完成させていった。ディーリアスと共に数々の試練を乗り越えた日々を、フェンビーは著書にて語り、ディーリアスの音楽の偉大な力を伝えている。

 

ディーリアスの4曲のヴァイオリン・ソナタは、彼の人生の様々なターニング・ポイントで作曲され、当時の背景を反映している。「遺作」ソナタ(1892年)から、フェンビーと共に完成させた第3番のソナタ(190年)まで、これ等のヴァイオリン・ソナタはディーリアスの人生そのもの、感動的なドラマを描いている。

 

 

 


原書:Delius as I knew him (1981) エリック・フェンビー著
原書:Delius as I knew him (1981) エリック・フェンビー著

 

FURTHER INFORMATION

Studio 18 (Japan)

Online Column:

Newsletter

Subscribe to our mailing list

* indicates required